住宅ローンの審査の流れとは?

住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。
フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただ厳しい審査が待っています。
ですが、フラット35の審査は少し違う点もありとはいえ、年収や勤続年数などは他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。
新しい家を購入したいけれどもそれほど余裕がない、そんな時は、比較的安い中古物件の経営者のための住宅ローンを探しましょう。
但し、注意点があるので気をつけましょう。
お金を返す期間が通常と比べて短くなる可能性がある点です。
これは、ユーズドという面で耐久性が心配されるのもあり通常よりも10年ほど早めに求められるケースが多いです。
安く購入できるメリットはありますが、上手に選択しないと反対に一月に支払わなければならない金額が高い場合もあります。
古い物件だと改装することもあるので、その工事費も合わせていくらになるのかを事前に確認しておきましょう。
経営者のための住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても厳しく行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。
諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。
たいていの場合、数十万〜数百万単位の金額が指示される様です。
今後、経営者のための住宅ローンを利用する予定のある方、利用中の方も知っている人と知らない人では10年後に大きく差がつく今すぐ実行して頂きたい知る人ぞ知る節税の方法を教えます。
申込みをされた方は年間で約30万円の節約も可能なので、気付いた今からでも申請可能か問い合わせてみましょう。
条件としては、自分の住むための家を新しく建てた方、或いは、中古住宅を買取りされた方になります。
改装された方で工事費用に100万円以上かかった方も対象です。
今挙げたもの以外でも様々な決まりがあるので、しっかり確認して少しでも税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。

住宅ローン審査通りやすい?審査の流れは?【おすすめの銀行】