住宅ローン減税はダブルローンでお得?

ダブルローンとは、住宅ローンを借入れる際に「夫」だけで借入れるのではなく、「妻」と「夫」が別々の名義で借入れること、つまり1世帯で2つの住宅ローンを組むことです。
住宅ローン減税は、所得税の還付申請です。
ある程度の納税額がなければ還付しきれない金額が出てしまいます。
つまり、夫の納税額が20万円で還付金が25万円有った場合、納税額分しか返金されませんから、残りの5万円は還付されずに無駄(?)になってしまいます。
しかし、夫婦別々のローンを組んでおけば、二人分の所得税が納税されているわけですから25万円は余裕で還付されますね。
住宅ローン減税の適用年収は3,000万円以下ですから、二人併せて3,000万円以下の年収の夫婦は別々の名義で住宅ローンを組んでおいた方が、住宅ローン減税の面では有利なのです。
自営業は住宅ローン審査通らない?基準を暴露!【審査落ちないコツは?】