NISAの非課税期間はいつまである?期間が終わると?

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。

かといって、実際に手を付けるかどうかは簡単には決められませんよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクはやはり怖いですしね。

私たち一般人が日常の生活にちょっとプラスして、投資を始めてみようと思ったときに最初に考えるべきなのは、リスクではなく、何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時のために、まとまったお金が用意しておきたいと考えているなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来有望そうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAをする上で5年後というのは大きなテーマになります。

というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

この期限を迎えた時にできることをまとめておきます。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

期限が切れた枠を新しい枠にする方法があります。

このほかに一般的な証券口座などで引き続き運用することも可能です。

この決められたNISAの投資枠をどうするかは、考え方は人それぞれなので正解はこれだと決められませんが、含み損がでているものを通常の証券口座に移すと、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

非課税で人気のNISA投資におすすめなのはどれでしょうか?もし投資をしたことがないという初心者なら、理解しておく必要があるのはNISAという仕組みについてではなく、リスクリターンがついて回るという投資の特徴についてです。

これは預金と比較してどうかということではなく、起こりうるリスクがどうやって現実化していくのかというメカニズムを知ることです。

分かりやすく株を例にしてみると見通しが立たない会社の株は売られて値下がりします。

銀行など生活密着型の金融機関でも売られている投資信託は簡単そうに感じるかもしれませんが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

金融商品自体の性質に加えてあとは自分が投資をどういう目的ではじめるのかを整理するといいでしょう。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

なぜかと言うと、投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、あまり数多くの銘柄には投資できません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税期間があるからですよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

120万円の非課税枠は、毎年使い切りです。

枠という言葉で取り違えやすいのですが、例えば10万円の株を買った場合、後に10万円分売却したとしても10万円分の枠はリセットされないということです。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

そして、枠自体の持越しもできませんので、年内に使いきれなかった分は、その年の分そのまま消滅します。

NISAとは分かりやすく考えると、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

海外にもあった仕組みなのですが日本では2014年にスタートして、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

実際には日本に住んでいる20歳以上という条件があり、実際には一人につき一口座と決まっています。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、配当や売買差益といったものがその対象になっています。

毎年の枠ですが最長で5年間の計600万円までで、現在保有しているものをNISA口座に移動させるということはできません。

NISAを銀行でやろうと思っている方って実際にはどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。

取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、基本的には手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAってどういうもの?というところから丁寧に説明してくれますので、対面でやり取りできた方が安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの1番特徴である非課税というのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、折角なら手数料が安くなる可能性も上げていきたいところです。

できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。

NISAで1万円から投資してみたい人は多いようです。

生活のバランスを崩さないように貯金もしつつそのうちのいくらかを投資に回してみる。

ということをお抱えの経済のプロのような人が雑誌などで言ってたりしますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

基本的に投資の世界では株式取引が中心になりますが、株を実際に売買しようとすると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

となるとお金がない人は参加できませんし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。

投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、解約手続きはできますのでご安心ください。また非課税期間も限られています。

参考:NISAの非課税期間はいつまで?【期限過ぎると手続き必要?】

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きをするための案内に従って進めることになります。

もう少し具体的に説明すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と併せて送付します。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約できるという点は、原則60歳までは解約不可となっているiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、これからNISAを始める人にとって始めやすいとも言えますよね。

NISAの失敗にはどのようなものがあるか気になりますよね。

まずはNISAの仕組みそのものによって起こる可能性があるもの、金融商品ゆえにはらんでいるリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けようとして逆効果になってしまうリスクの3つです。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、非課税期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは、金融商品ですから値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、120万円の枠内におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、この5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を利用して、そのまま移行することをロールオーバーと呼びます。

NISAの投資枠自体は毎年120万円と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていてもそのまま引き継げます。

ジュニアNISAの仕組みについてもロールオーバーついては基本的には同じです。

とはいえNISA自体が2023年までなので、これから運用を始めるという人には、あまり関係がないことなのかもしれません。

運用しているNISAを、他社もしくは他行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回変更することができるようになりました。

もう1点、普通のNISAからつみたてNISAに変更したいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回対応してもらえます。

ここで心配になってくるのが、変更前に購入した株や投資信託が、変更する時に強制的に解約しなければいけないのかどうかだと思います。

結論から言うと、そこは問題ありませんのでご安心ください。

前年度に買ったものはそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はあるのでその点は注意が必要です。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと分けて、株と投資信託、ワラント債というものがあります。

株といってもリスクが高い信用取引は含まれませんし、割と低リスクとされる債券も対象外になっています。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、情勢不安の際でも安定している金やプラチナなど先物やオプションも対象外です。

もちろん、FXなどのハイリスク型と呼ばれる商品も含まれません。

NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、預貯金する分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのではと考えられて作られたのだそうです。

つみたてNISAが誕生した理由も、長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAの口座を開設したいと考えているなら、まず最初に検討すべきことはどこを利用するかということでしょう。

NISAの口座は一人一つしか所有できませんので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。

一番人気があるのは証券会社ですね。

その中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

あとは手数料だけではなく、キャンペーンなども合わせて検討するといいですね。

例えば売買にかかる手数料を0円になるというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンを開催している証券会社もあります。

投資金額が比較的少な目であれば、キャンペーンを重視するというのもオススメです。

NISAと積立NISAの違いについて分かりやすく説明すると、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資できる金融商品が決まっています。

積立NISAでは投資信託しか扱えないのですが、その中でも手数料が低く分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がノーロードであること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円迄となっています。

ちなみに、通常のNISAと併用することはできません。