ドライアイに悩むのは、実は人間だけではありません。犬だって、ドライアイになることはあるんですよ。私も獣医さんで、犬のドライアイについての啓発ポスターを見るまでは、そんなことすら知りませんでした。実は、犬のドライアイの原因については、まだ完全に解明されていません。犬のドライアイの原因として考えられているのが、先天的異常・ウイルス感染・そして老化により、涙腺の働きが悪くなるということです。また、統計的に見るとドライアイになりやすい犬種というのもあり、パグやシーズーがドライアイになりやすい犬種だと言われています。犬のドライアイで一番やっかいなことは、「犬自身が、自分がドライアイだと訴えられないこと」だそうです。しかも犬のドライアイは、放っておくとどんどん悪化するケースが多く、最悪の場合は失明することもあるとか。

関連ページ